AAAAAAAAAAAi
南側の窓を開けると、どっと部屋に流れこんでくる暑い空気。
日差しは強いが、吹く風はサラッとして肌に爽やかだ。
庭で咲く真っ赤な「山ツツジ」の花が、里山の初夏の風景に彩を添える。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
昼と言わず、夜と言わず、小次郎は相変わらずよく眠る。
家の中のアチコチに点在する自分の寝所を渡り歩くように、
あっちでウトウト、コチラでウトウト、居眠りに余念が無い・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
今日もまた私が仕事する机の上にやって来て、昼寝の準備中。
午前中、北側の窓辺は日陰になっていて涼しく、昼寝にはモッテコイの環境なのだ。
クッションの上で柔らかさを確認するようにクルリと一回り、
納得したように丸くうずくまり、今・・・・・・浅い眠りに落ちて行ったようだ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
今日は朝から曇り空、何だか少し肌寒い。
そんなお昼休み、私は最近衰え始めた筋力を取り戻すべく、リビングで筋力トレーニングにいそしむ。
ソファーの上から、そんな私の様子を不思議そうに眺めるオセロ君。
AAAAAAAAAAAi
君だって夕方散歩の時は、草原で50メートルダッシュを毎日2本こなす事を日課としている。
これは一様君の筋トレのつもりで、毎日遊び感覚で一緒に楽しむ。
もっともオセロの場合、日々野山をオフリードで自由に登り降りする豊富な自由運動こそが、
いまだそれほど衰える事のない、足腰のナチュラルな筋力作りの元となっている事は間違いない。
AAAAAAAAAAAi
しかし君も今年で13歳。
嫌でもむかえる老年期にそなえての心構えは、今からシッカリとしておかなくては・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi爽やかな初夏の風が吹き抜ける里山の小道を、
AAAAAAAAAAAi夏草をかき分けながら小次郎は後を付いて来る。
AAAAAAAAAAAiまだ日も空高く昇りきらない朝の涼しい時間帯ゆえに、
AAAAAAAAAAAi散歩に対する意欲も、旺盛とは言わないが、まだまだ衰えてはいないのだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_5.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小道を一気に小走りに駆け上がり、目指すは丘の上の草原。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_6.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi途中、斜面の中腹を流れる用水路で水分補給。
AAAAAAAAAAAiペロペロと一仕切水を飲み、フーと一息付いてから草原へと登る。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_7.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi朝の短い散歩だが、君にとっては十分な運動だ。
AAAAAAAAAAAi家に帰り、早速ウトウト居眠りを始めた今日の場所は、私の仕事机の上。
AAAAAAAAAAAi涼しい風がすだれ越しに優しく吹き込む、北の窓辺であった。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi最近何かとよく眠る爺さん猫の小次郎。
AAAAAAAAAAAi何たって今年で御歳15才・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi普段の何気ない振る舞いの中、
AAAAAAAAAAAi猫としての老年期を迎えたことは、
AAAAAAAAAAAiその行動の端々に、否が応でも頻繁に見て取ることが出来る。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんなわけで少々心配しつつ、
AAAAAAAAAAAi毎年恒例の血液検査による健康診断を、オセロと小次郎、一緒に受けてきた。
AAAAAAAAAAAi結果、オセロも小次郎も特にこれといった問題点は見当たらない。
AAAAAAAAAAAiと言う事は、昨今の小次郎の様子は、
AAAAAAAAAAAiごく一般的な老年期を迎えた猫の正常な日常と言う事で間違いは無いのだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_3.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今日は花咲き乱れる東の窓辺でお昼寝中の小次郎。
AAAAAAAAAAAiそんな君の寝顔を見ながら想う父の願いはただ一つ・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAiゆっくりお休み、そしていつまでも元気で長生きしてほしい。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭のツツジが満開で、
AAAAAAAAAAAiその足元を囲むように植え付けてある「エリゲロン」の白い小花も満開。
AAAAAAAAAAAi花咲き乱れる季節、五月の到来だ・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんな花達の前にたたずむオセロ君。
AAAAAAAAAAAi思わず見上げる今日の空はもちろん「五月晴れ」・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiゆえに気温はぐんぐんと上昇、
AAAAAAAAAAAiお昼過ぎには30度にもとどく勢いの「夏日」になってそうろう。
AAAAAAAAAAAiおかげで爺さん猫の小次郎は、少々グロッキー気味かも???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭の片隅の茂み・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi枯れ草が積まれたフワフワのクッションの上がお気に入り。
AAAAAAAAAAAi小次郎の最近の、定番お昼寝スポットだ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi平均気温も日に日に上昇、
AAAAAAAAAAAi暖かさを通り越し、日中は暑いと感じられる昨今。
AAAAAAAAAAAi寄る年波も相まって、いやでも夏の暑さは苦手な小次郎・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiおそらく今年も猛暑の夏だろう。
AAAAAAAAAAAi何とか事無く、無事に乗り越えてほしいものだが。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
爺さん猫の小次郎は、今日も庭へお昼寝に・・・・・・・・・・・・・
婆さん犬のオセロ君は、山にお散歩へ・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
山へと向かい草原を横切る途中、名も知らぬ野草の花に囲まれる。
淡い紫の小花達・・・・・・・・・・・・・
人知れず、そっと花咲く野の花の傍らにたたずむオセロ君。
いくら年は重ねても、名も知らぬその野花を愛でる清らかで美しい君の心は、今も昔も変わリはしない。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_13.jpg
AAAAAAAAAAAi
ふと振り返り、東の彼方に目をやれば、
重なる山々の峰は、緩やかなグラデーションで段々と淡くけぶり、
雲も、空も、山も、森も、それらに降り注ぐキラキラと輝く陽の光で、皆一様に眼にも眩しい。
里山はもう・・・・少し物憂げな、暑い夏の気配にあふるる。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今度は庭で「八重桜」が満開・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi小さなピンクのボンボンのような可愛い花弁をスズナリに付け、
AAAAAAAAAAAiゆらゆらと4月の風に揺られて咲き誇る。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_11.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんな良いお天気の今日だから、
AAAAAAAAAAAi「爺さん猫」の小次郎は、外へ日向ぼっこに。
AAAAAAAAAAAi花が散り、葉桜と成りつつある桜の木の木陰で・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiさすが「爺さん」!!!
AAAAAAAAAAAiまるで「行き倒れ」のような力ない姿で「お昼寝」???
AAAAAAAAAAAiなんたって今日の穏やかなお天気は、
AAAAAAAAAAAi身も心も、心底リラックスできる心地良さだから。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi暖かいのを通り越し、今日の日差しの強さはもう初夏を思わせる。
AAAAAAAAAAAi二人ならんで草原を歩くオセロと小次郎の足取りも、
AAAAAAAAAAAi何だか暑くてダラダラ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_4_8.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小さな土手の上で一休み中の小次郎。
AAAAAAAAAAAi草原を吹く風の中に、初夏の臭いを感じているのか・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi今年もはやもう桜は散り、辺りの森の木々には、
AAAAAAAAAAAi新緑のグリーンが鮮やかに芽吹き始める頃なのだ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
久しぶりに広がる青空だ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
先週から降り続いた雨にも負けず、
今日の暖かな春の午後の日差しの下、桜の花は今が満開。
毎年のことだが、ただ眺めているだけで気持ちがいい・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
少しづつだが、ハラハラと散る花びらの下、オセロ君は何をしているのでしょうか。
まさか「花見」などという事はないだろう・・・・・・・・・・・・
なんたて何歳になっても「花より、団子」の君だから。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭の桜は、ようやく七分咲き・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiと思ったら!!!
AAAAAAAAAAAi
2017_4_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi雨だ・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi
2017_4_5.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi雨です・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi何と、今日から週末にかけてお天気は雨模様。
AAAAAAAAAAAiヤレヤレ、今年は桜にとってツキが無いかな・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi草原の下草も色鮮やかな緑の割合が増す4月・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi何たってウキウキと心踊る春だから、
AAAAAAAAAAAi日差しも、風の薫りさえも、どことなく芳醇で柔らかい。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_2.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi家に帰ってガーデンテーブルの上でオセロはブラッシング。
AAAAAAAAAAAiその肩越しに見える桜だが、
AAAAAAAAAAAi今年は妙に寒い日が続いた影響で、開花は随分と遅れがち。
AAAAAAAAAAAi毎年のように4月の一日にはほぼ八分咲きなのだが、
AAAAAAAAAAAi見た目でも分かる様に、今だ、まばらにパラパラと花開く程度。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_3.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiてな訳で、今年は遅めの我が家の桜の「開花宣言」。
AAAAAAAAAAAi例年になくゆっくるとやって来た静かな春の足音を、
AAAAAAAAAAAiそっと耳を澄ませて聞きながら、
AAAAAAAAAAAiわずかだが、開き始めた桜の花で再確認・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今日は草原の西のはしの斜面で野犬四兄弟と遭遇する・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi私を見つけるとニコニコと嬉しそうな表情で、
AAAAAAAAAAAi先頭を切ってトロットの足取りでコチラに駆けてくるのは野犬の「太郎君」。
AAAAAAAAAAAiちなみに斜面の下の方、少し離れた所にいるのがお母さんワンコ。
AAAAAAAAAAAi
2017_3_16.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi太郎君はそのままの足どりでドンドン近づいてきて、もう直ぐ目の前。
AAAAAAAAAAAi私は静かに手を差し伸べ、アゴの下を優しくフワフワと撫でてあげた。
AAAAAAAAAAAiチョット大袈裟だが、いわゆる「第三種接近遭遇」とも言えるかな???
AAAAAAAAAAAiやがて君達は画面の奥、草原の西の森へと、
AAAAAAAAAAAi名残り惜しそうに振り返りつつ、ゆっくりと移動していった。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiその時ちょうどオセロは一人で、
AAAAAAAAAAAi草原の東の端の森陰に遊びに出掛けていた時の事だった・・・・・・残念!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiさて、午後の散歩に出かけよう・・・・・・・・・・・と、
AAAAAAAAAAAi腰を上げた途端に降りだす「にわか雨」。
AAAAAAAAAAAi何だか遠くの空では雷の音も・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi雨は苦手で、おまけに雷大嫌いのオセロ君、
AAAAAAAAAAAi散歩に出ようと高揚していた気分もあっとゆうまに急降下、
AAAAAAAAAAAiブルーに落ち込む気分が、その瞳の輝と口元の表情から見て取れる。
AAAAAAAAAAAi
2017_3_12.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭で突然の雨に濡れる桜の蕾、ピンクに色付き開花の時を待つ。
AAAAAAAAAAAiこの調子だと今年も変わらず、4月の一日あたりが開花の時か???
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiやがて「にわか雨」もあがり、「雷様」も居なくなったようだ。
AAAAAAAAAAAiさてさてオセロ君もう大丈夫、
AAAAAAAAAAAiボチボチと夕方散歩に出掛ける事としよう。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi一つ隣の谷の「竜泉寺」の横の廃屋で暮す野犬四兄弟。
AAAAAAAAAAAi暖かな春の訪れと共に、お天気のいい日は草原でマッタリと時間をつぶす。
AAAAAAAAAAAi私達との遭遇の機会も必然的に増える訳だ・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_3_8.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiまだ子供だが、四匹の野犬に囲まれるオセロ君。
AAAAAAAAAAAiしかしさすが年の功、常にシッポをフリフリ、友好のシグナルを絶やさない。
AAAAAAAAAAAiかなり離れた所から母犬であろうワンコが一匹、静かにそれを見守っている。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi四匹の野犬達、やはりそれぞれに性格の違いが見て取れておもしろい。
AAAAAAAAAAAiやたら警戒心が強く、オセロに対して吠え立てる子もいれば、
AAAAAAAAAAAi我関せずと、無関心を装う子や、
AAAAAAAAAAAi物怖じせず、やたら友好的で直ぐにオセロと匂いの交換始める子など。
AAAAAAAAAAAi
2017_3_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi草原の土手を背もたれに腰を下ろす私達の直ぐ目の前、
AAAAAAAAAAAi手を伸ばせば触れる距離までやって来て、
AAAAAAAAAAAi興味深げにコチラを見ながらオセロと同じポーズでくつろぐ野犬の子供。
AAAAAAAAAAAiその穏やかな仕草といい、表情といい、
AAAAAAAAAAAiむかしオセロと友達だった野犬の「太郎君」を思い出させる。
AAAAAAAAAAAiてな訳で、今日から君の事は野犬の「太郎君」と呼ぶことにしよう。
AAAAAAAAAAAi





Design by mi104c.
Copyright © 2017 22's Diary, All rights reserved.