AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi家の直ぐ前の雑木林のトンネルが作る日陰の向こうには、
AAAAAAAAAAAi草原から下降する斜面が、強い朝の日差しに輝いて見える。
AAAAAAAAAAAi最近のパターンだと、小次郎はここまで・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiトンネルの日陰から先には、もうこれ以上進もうとはしない。
AAAAAAAAAAAi
2017_8_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎を残し、多少の日差しの暑さなど気にも止めないオセロと一緒に、
AAAAAAAAAAAi私達は里山の山野を30分程軽く一回り。
AAAAAAAAAAAi森を抜け、草原を下り、木々のトンネルが見える所まで帰ってくると、
AAAAAAAAAAAiその日陰で私達の帰りをじっと待っている小次郎の姿が見える。
AAAAAAAAAAAi「アア~~~いい子だね」と心の中で呟いて、
AAAAAAAAAAAi「さ~~~帰るよ」と声をかけ、また一緒に帰り道をトコトコと歩く。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiさて君達、お盆休みも終わり、今年の夏もいよいよ後半戦へ突入だ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi風通しのいい窓際でシェスタを楽しむ小次郎。
AAAAAAAAAAAi相変わらずの猛暑日だが、今日は一日中、山から風が吹き下ろし、
AAAAAAAAAAAi風通しのいいリビングでは、エアコンいらずで快適にすごすことが出来る。
AAAAAAAAAAAi
2017_8_1.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiやがて「カナ カナ カナ」とヒグラシの鳴き声が森に響き始める頃。
AAAAAAAAAAAi夕暮れと共にムックリと目を覚ます小次郎。
AAAAAAAAAAAi私の足元にやって来て、ゴロゴロ・スリスリ・ニャ〜ニャ〜・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi腹ペコなのだろう、夕ご飯の催促を始める。
AAAAAAAAAAAi連日の暑さにも負けず食欲旺盛な事は、まことにもって結構なことだ。
AAAAAAAAAAAi



2017_7_15.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi西の空が夕焼けで茜色に染まる・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi当然のように昼間のムッとする熱気は、まだ辺りに色濃く立ち込めているが、
AAAAAAAAAAAi西から山風がわずかだが吹き下ろし、
AAAAAAAAAAAi何とかホッと、ひと心地付くことが出来る。
AAAAAAAAAAAi
2017_7_14.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんな今日の夕焼けをヘラヘラと笑いながら見ているオセロ君。
AAAAAAAAAAAi分厚いフカフカのダブルのコートを着たままで、
AAAAAAAAAAAiこの蒸し暑い日本の夏を過ごさなければいけない君。
AAAAAAAAAAAiまったく、連日の35度以上の猛暑日をやり過ごすには、
AAAAAAAAAAAiもうヘラヘラと笑って誤魔化すしか方法が無いかもね・・・・???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi連日のようにつづく熱帯夜・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiおまけに昨日の深夜には、激しく雨が降ったようだ。
AAAAAAAAAAAiおかげで今朝の草原は、ムレムレのムッシムシ・・・・!!!
AAAAAAAAAAAiまるで熱帯雨林のジャングルのような湿度と熱気、たまりません。
AAAAAAAAAAAi
2017_7_13.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi昨日、下の家のおばちゃんに、
AAAAAAAAAAAi「オセロちゃんは歳の割に、いつまでも本当に元気だね〜〜〜」と言われ、
AAAAAAAAAAAi何だか微妙に嬉しい親ばかの私。
AAAAAAAAAAAiしかし、そんなオセロ君でも、
AAAAAAAAAAAiさすがに今朝の蒸し暑さには、たまらずヘロヘロの表情を浮かべる。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
まだ午前中だけど、差し付ける強すぎる陽の光が飽和状態・・・・・・・!!!
映像がハイキーに飛んで霞んで見える。
ルティーンの見回り途中の小次郎の姿も、
白くハレーションをおこし、目だけがギョロリとやけに目立って見える。
AAAAAAAAAAAi
2017_7_10.jpg
AAAAAAAAAAAi
農道の小道。雑木林のトンネルの日陰でチョット一休み。
わずかに湿り気をおびた落葉の上は、まだ少しヒンヤリとして気持ちがいい。
正式に梅雨も開けたし、いよいよ今年もやって来た暑い暑い夏本番。
小次郎もオセロも、そして私も、夏は苦手・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヤレヤレと想いつつ、それでも一緒に元気に乗り切るのだ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
モンモン、モコモコと、夕空に湧き立つ積乱雲・・・・・・・・・・・・・・
鎮守の森は深緑・・・・・・・・・・・・・・
耳に突き刺さる程にうるさいセミ達の声が、空に湧き上がる・・・・・・・・・・・・・・。
AAAAAAAAAAAi
2017_7_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
ところで君達は・・・・・・・といえば、
あっちでゴロゴロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_7_8.jpg
AAAAAAAAAAAi
こっちでゴロゴロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
そして後から雷様もやって来て、
あっちでピカピカ・・・・・・・・・・・・こっちでゴロゴロ・・・・・・・・・・・・
激しい通り雨と一緒に、暑い夏はやって来た。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
庭の見回りをする小次郎・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふと気が付けば、森から聞こえてくるのは一斉に鳴き交わす 「セミ達」 の鳴き声。
梅雨はまだ開け切らないが、辺の森はもう完全に暑い真夏の気配に覆われているのだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_7_6.jpg
AAAAAAAAAAAi
そんなな今日の小次郎の写真を見ていると、何だか、何かが、微妙におかしい。
よ〜〜〜く注意して見てみると瞳(黒目)の大きさが左右で異なる・・・・・・・・・???
ウウ〜〜〜ン、これはいったいどう言う事なのか、
健康上は全く問題無いようなので、気にする必要は無いのか・・・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi外は相変わらずの梅雨空で、今日もブルーな気分のオセロ君。
AAAAAAAAAAAiもの言わぬ君だけど、
AAAAAAAAAAAiその目の輝きと表情で、言いたい事はよく分かる。
AAAAAAAAAAAi「退屈で、つまんない」 らしい・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_7_3.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi先程とは打って変わってイキイキとして、キラキラと輝くこの表情。
AAAAAAAAAAAi君の夕ご飯の支度を始めた途端のこの笑顔・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiウ〜〜ン・・・・ヤレヤレ・・・・やはり、とても分かりやすい。
AAAAAAAAAAAi雨が降ろうが、槍が降ろうが、食事の時は 「そんなこと関係ない」 。
AAAAAAAAAAAi何歳になっても変りなく 「ご飯」 大好き・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi相変わらずの 「食いしん坊」 なオセロ君であった。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi七月に入った途端の梅雨の中休み。
AAAAAAAAAAAi昨日も今日も、連日35度以上のカンカン照りの猛暑日がつづく。
AAAAAAAAAAAiおかげで小次郎は暑さにやられてか、
AAAAAAAAAAAi昼間はグロッキー、力なくグッタリと寝てやり過ごす。
AAAAAAAAAAAi
2017_7_1.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi少しだけ涼しくなりかけた夕方近く。
AAAAAAAAAAAi「ご飯にする???」 と声をかけると、すかさず反応する小次郎。
AAAAAAAAAAAiこの暑さでも食欲はそれなりにあるようで、ホッと一安心。
AAAAAAAAAAAiでも若い時のように、一度に沢山は食べられない。
AAAAAAAAAAAi一日分の量を、少しづつ何度か小分けにして食べることになるのだが・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi一度目の夕ご飯を食べ終えてから、日も陰り始めた裏の森へ、
AAAAAAAAAAAi小次郎はゆっくりとした足どりで、今日も見回りに出掛けていった。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi梅雨の季節・・・・・・・ただ今、真っ盛り・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi窓の外の森の緑は、雨に濡れ艶やかに美しく輝くが、
AAAAAAAAAAAiおかげで湿度は高く、空気はじっとりとして肌にも重い。
AAAAAAAAAAAiでもマ〜〜〜小次郎はそんな事には無頓着、
AAAAAAAAAAAi食欲は旺盛、おまけに体調もそれなりに良いようでホッと安心。
AAAAAAAAAAAi
2017_6_12.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi一方オセロ君はと言うと・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi雨に降られ、いつもの様に、思う存分山歩きを楽しめないせいで、
AAAAAAAAAAAiツイツイ表情は曇りがち・・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAiまるで瞑想するように瞼を薄く閉じ、退屈な時間をやり過ごす。
AAAAAAAAAAAiウ〜〜〜ン いい加減、ストレスが貯まるよネ・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi昨日は強い雨が降り、今日は曇り空、
AAAAAAAAAAAiようやく始まった感のあるジメジメとした梅雨を吹き飛ばすような、
AAAAAAAAAAAi爽やかな笑顔を期待しつつ、野の花を摘んで君の髪飾りに。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiでも少しイメージが違ったかも・・・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi「フワフワ」と「ヘロヘロ」として「フニャフニャ」の、
AAAAAAAAAAAi柔らかな表情を浮かべるオセロ君であった!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今日も変わらず良いお天気で、日中の日差しは厳しい。
AAAAAAAAAAAiゆえに小次郎は庭の奥の奥、
AAAAAAAAAAAi日差しを逃れ、植木のトンネルの奥を今日の昼寝場所と決めたようだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_6_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi午後も遅く山の峰に日が陰る頃。
AAAAAAAAAAAiいつの間にか小次郎は藪から出て来て花壇の中、花に埋もれて静かに眠る。
AAAAAAAAAAAi花を枕に君が観る夢は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi願わくば 花の下にて 春死なん 
AAAAAAAAAAAiその望月の如月の頃
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiイヤハヤ、悪い冗談は無しにしようよ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi梅雨いり宣言はあったけど、全く雨は降らず・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi例年なら雨に濡れながら艶やかに咲く庭の百合の花も、
AAAAAAAAAAAiカラリと晴れ渡る初夏の空の下、少々眩しそうに次々と蕾を開く。
AAAAAAAAAAAi梅雨はいったいどこへ行ってしまったのか・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi
2017_6_7.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんな正午の庭で、
AAAAAAAAAAAi小次郎はなぜかわざわざ、乾燥しきった土の上へやって来てはゴロゴロ。
AAAAAAAAAAAiヤレヤレ、おかげで体中砂まみれ・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiちなみに小次郎くん・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi落ちた体重を取り戻すために、この所少々高価で贅沢な食事に変更。
AAAAAAAAAAAiそのせいかどうか、体調はすこぶる良いご様子で、
AAAAAAAAAAAi甘えん坊さん加減も一段とヒートアップ。
AAAAAAAAAAAi余計な心配は無用かな・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAiこの調子で美味しいご飯をモリモリと食べて、順調に体重と体力を取り戻し、
AAAAAAAAAAAi今年の猛暑を無事で元気に乗り切らないとネ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi夕方の外は曇り空、今にも雨が降り出しそう・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi気圧の低下を感じてか、小次郎は先程から毛繕いに余念がない。
AAAAAAAAAAAi何たって数日前に梅雨入りしたばかりのこの地方、
AAAAAAAAAAAiジメジメとした、嫌な季節の始まりと言うわけだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_6_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiふと毛繕いをやめた小次郎と視線が合う。
AAAAAAAAAAAiウ〜ン 何だか随分と痩せてしまって、まるで子猫のように小さく見える。
AAAAAAAAAAAi食欲が無いわけでも、元気が無いわけでも無いのだが・・・・???
AAAAAAAAAAAi体重を計ると、平時は4.5キロ程の体重が、
AAAAAAAAAAAi今は4.1キロ弱へと落ち込んでいる。
AAAAAAAAAAAiいったいどうしたことか・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
日差しは強いが、カラリと晴れ上がる青空が気持ちいい。
乾燥した空気は肌に心地良く、オセロの表情も自然とイキイキ・・・・・・・・・・・
今日も自由にハツラツと、元気に野山を駆け回る。

でも天気予報の話では、明後日あたりからどうやら梅雨に突入しそうな気配。
名残惜しいが初夏の爽やかさも、
そろそろ終わりかもしれないよ・・・・・・・・・・オセロ君。
AAAAAAAAAAAi





Design by mi104c.
Copyright © 2017 22's Diary, All rights reserved.