AAAAAAAAAAAi
爺さん猫の小次郎は、今日も庭へお昼寝に・・・・・・・・・・・・・
婆さん犬のオセロ君は、山にお散歩へ・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
山へと向かい草原を横切る途中、名も知らぬ野草の花に囲まれる。
淡い紫の小花達・・・・・・・・・・・・・
人知れず、そっと花咲く野の花の傍らにたたずむオセロ君。
いくら年は重ねても、名も知らぬその野花を愛でる清らかで美しい君の心は、今も昔も変わリはしない。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_13.jpg
AAAAAAAAAAAi
ふと振り返り、東の彼方に目をやれば、
重なる山々の峰は、緩やかなグラデーションで段々と淡くけぶり、
雲も、空も、山も、森も、それらに降り注ぐキラキラと輝く陽の光で、皆一様に眼にも眩しい。
里山はもう・・・・少し物憂げな、暑い夏の気配にあふるる。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今度は庭で「八重桜」が満開・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi小さなピンクのボンボンのような可愛い花弁をスズナリに付け、
AAAAAAAAAAAiゆらゆらと4月の風に揺られて咲き誇る。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_11.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんな良いお天気の今日だから、
AAAAAAAAAAAi「爺さん猫」の小次郎は、外へ日向ぼっこに。
AAAAAAAAAAAi花が散り、葉桜と成りつつある桜の木の木陰で・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiさすが「爺さん」!!!
AAAAAAAAAAAiまるで「行き倒れ」のような力ない姿で「お昼寝」???
AAAAAAAAAAAiなんたって今日の穏やかなお天気は、
AAAAAAAAAAAi身も心も、心底リラックスできる心地良さだから。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi暖かいのを通り越し、今日の日差しの強さはもう初夏を思わせる。
AAAAAAAAAAAi二人ならんで草原を歩くオセロと小次郎の足取りも、
AAAAAAAAAAAi何だか暑くてダラダラ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_4_8.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小さな土手の上で一休み中の小次郎。
AAAAAAAAAAAi草原を吹く風の中に、初夏の臭いを感じているのか・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi今年もはやもう桜は散り、辺りの森の木々には、
AAAAAAAAAAAi新緑のグリーンが鮮やかに芽吹き始める頃なのだ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
久しぶりに広がる青空だ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
先週から降り続いた雨にも負けず、
今日の暖かな春の午後の日差しの下、桜の花は今が満開。
毎年のことだが、ただ眺めているだけで気持ちがいい・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
少しづつだが、ハラハラと散る花びらの下、オセロ君は何をしているのでしょうか。
まさか「花見」などという事はないだろう・・・・・・・・・・・・
なんたて何歳になっても「花より、団子」の君だから。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭の桜は、ようやく七分咲き・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiと思ったら!!!
AAAAAAAAAAAi
2017_4_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi雨だ・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi
2017_4_5.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi雨です・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi何と、今日から週末にかけてお天気は雨模様。
AAAAAAAAAAAiヤレヤレ、今年は桜にとってツキが無いかな・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi草原の下草も色鮮やかな緑の割合が増す4月・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi何たってウキウキと心踊る春だから、
AAAAAAAAAAAi日差しも、風の薫りさえも、どことなく芳醇で柔らかい。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_2.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi家に帰ってガーデンテーブルの上でオセロはブラッシング。
AAAAAAAAAAAiその肩越しに見える桜だが、
AAAAAAAAAAAi今年は妙に寒い日が続いた影響で、開花は随分と遅れがち。
AAAAAAAAAAAi毎年のように4月の一日にはほぼ八分咲きなのだが、
AAAAAAAAAAAi見た目でも分かる様に、今だ、まばらにパラパラと花開く程度。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_3.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiてな訳で、今年は遅めの我が家の桜の「開花宣言」。
AAAAAAAAAAAi例年になくゆっくるとやって来た静かな春の足音を、
AAAAAAAAAAAiそっと耳を澄ませて聞きながら、
AAAAAAAAAAAiわずかだが、開き始めた桜の花で再確認・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今日は草原の西のはしの斜面で野犬四兄弟と遭遇する・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi私を見つけるとニコニコと嬉しそうな表情で、
AAAAAAAAAAAi先頭を切ってトロットの足取りでコチラに駆けてくるのは野犬の「太郎君」。
AAAAAAAAAAAiちなみに斜面の下の方、少し離れた所にいるのがお母さんワンコ。
AAAAAAAAAAAi
2017_3_16.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi太郎君はそのままの足どりでドンドン近づいてきて、もう直ぐ目の前。
AAAAAAAAAAAi私は静かに手を差し伸べ、アゴの下を優しくフワフワと撫でてあげた。
AAAAAAAAAAAiチョット大袈裟だが、いわゆる「第三種接近遭遇」とも言えるかな???
AAAAAAAAAAAiやがて君達は画面の奥、草原の西の森へと、
AAAAAAAAAAAi名残り惜しそうに振り返りつつ、ゆっくりと移動していった。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiその時ちょうどオセロは一人で、
AAAAAAAAAAAi草原の東の端の森陰に遊びに出掛けていた時の事だった・・・・・・残念!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiさて、午後の散歩に出かけよう・・・・・・・・・・・と、
AAAAAAAAAAAi腰を上げた途端に降りだす「にわか雨」。
AAAAAAAAAAAi何だか遠くの空では雷の音も・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi雨は苦手で、おまけに雷大嫌いのオセロ君、
AAAAAAAAAAAi散歩に出ようと高揚していた気分もあっとゆうまに急降下、
AAAAAAAAAAAiブルーに落ち込む気分が、その瞳の輝と口元の表情から見て取れる。
AAAAAAAAAAAi
2017_3_12.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭で突然の雨に濡れる桜の蕾、ピンクに色付き開花の時を待つ。
AAAAAAAAAAAiこの調子だと今年も変わらず、4月の一日あたりが開花の時か???
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiやがて「にわか雨」もあがり、「雷様」も居なくなったようだ。
AAAAAAAAAAAiさてさてオセロ君もう大丈夫、
AAAAAAAAAAAiボチボチと夕方散歩に出掛ける事としよう。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi一つ隣の谷の「竜泉寺」の横の廃屋で暮す野犬四兄弟。
AAAAAAAAAAAi暖かな春の訪れと共に、お天気のいい日は草原でマッタリと時間をつぶす。
AAAAAAAAAAAi私達との遭遇の機会も必然的に増える訳だ・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_3_8.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiまだ子供だが、四匹の野犬に囲まれるオセロ君。
AAAAAAAAAAAiしかしさすが年の功、常にシッポをフリフリ、友好のシグナルを絶やさない。
AAAAAAAAAAAiかなり離れた所から母犬であろうワンコが一匹、静かにそれを見守っている。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi四匹の野犬達、やはりそれぞれに性格の違いが見て取れておもしろい。
AAAAAAAAAAAiやたら警戒心が強く、オセロに対して吠え立てる子もいれば、
AAAAAAAAAAAi我関せずと、無関心を装う子や、
AAAAAAAAAAAi物怖じせず、やたら友好的で直ぐにオセロと匂いの交換始める子など。
AAAAAAAAAAAi
2017_3_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi草原の土手を背もたれに腰を下ろす私達の直ぐ目の前、
AAAAAAAAAAAi手を伸ばせば触れる距離までやって来て、
AAAAAAAAAAAi興味深げにコチラを見ながらオセロと同じポーズでくつろぐ野犬の子供。
AAAAAAAAAAAiその穏やかな仕草といい、表情といい、
AAAAAAAAAAAiむかしオセロと友達だった野犬の「太郎君」を思い出させる。
AAAAAAAAAAAiてな訳で、今日から君の事は野犬の「太郎君」と呼ぶことにしよう。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎くん、貧血を緩和するため増血剤を飲み始めて今日で4日。
AAAAAAAAAAAiそれなりに体調は少しづつ回復しつつ有るようだ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi透き通る様に白く血の気の全く無かった歯茎は、
AAAAAAAAAAAiほんのりと薄くだがピンクの色がさし始めたし、
AAAAAAAAAAAi今日はいつものように、散歩にも付いて来て、
AAAAAAAAAAAiおまけに後を追いかけてダッシュで駆けてくる小次郎。
AAAAAAAAAAAi山歩きなど、貧血気味ではしんどくて、到底付いては来れないはず。
AAAAAAAAAAAi薬の効果が体力を順調に回復させているのがよく分かる。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiメデタシ、メデタシ・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi木曜日の夜から小次郎の体調に異変が。
AAAAAAAAAAAi食欲が全くない・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiじっと辛そうに寝たままで、トイレに起きる気配さえも無い。
AAAAAAAAAAAi金曜日も丸一日そんな感じ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi何がどうしたのか、突然の体調不良の理由が分からない!!!
AAAAAAAAAAAi困惑しながら土曜日に病院へゆき血液検査を受ける。
AAAAAAAAAAAi結果、体調不良の原因は「貧血」と分かる。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi注射を打った翌日の今日の朝には、もうアッケラカンと食欲復活!!!
AAAAAAAAAAAi普段と変わりなく、ニャーニャーとご飯を催促する小次郎。
AAAAAAAAAAAi一週間程薬を飲んでから、再度の血液検査で様子を見る予定。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそれにしても、いつも突然にやって来る君らの体調不良。
AAAAAAAAAAAi物言わぬ君達はそれなりに、
AAAAAAAAAAAi体の変調を仕草や表情で必死に私に発信しているのかも・・・・・???
AAAAAAAAAAAiしかし鈍感な人である私が、
AAAAAAAAAAAiそれを敏感に察知することが出来ないだけなのか・・・・・???
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎も元気なように見えて、年齢的にはもう「老猫」。
AAAAAAAAAAAi体調の管理には、今まで以上に細やかな気配りが必要だと実感する。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiオセロ君、スカボローの市へ行くのですか・・・・??? 
AAAAAAAAAAAiパセリ、セージ、ローズマリーに、タイム
AAAAAAAAAAAiそこに住むあの人に、よろしく言ってください
AAAAAAAAAAAi彼女はかって、私の恋人だったから
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiオセロ君の「おまじない」
AAAAAAAAAAAiパセリ、セージ、ローズマリーに、タイム。
AAAAAAAAAAAi
2017_3_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiてな訳で、庭の「ローズマリー・レックス」の花が咲き始める。
AAAAAAAAAAAi小さく可憐な紫の花弁が、吹く春の優しい風にゆらゆらと揺れる・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiオセロの花だ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi春がきた、春がきた、どこに来た
AAAAAAAAAAAi山に来た、里に来た、野にも来た・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiてな訳で、3月の草原を駆ける小次郎。
AAAAAAAAAAAiポカポカ陽気に心ウキウキ、思わず浮かれて心も弾みシッポもピンと直立。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそして薄く春霞にけぶる空では、
AAAAAAAAAAAi先程から「ひばり」がせわしなくピコピコとさえずり、
AAAAAAAAAAAi空高く駆け上がる。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎(猫)も、ひばり(鳥)も、オセロ(犬)も、私(人)も、
AAAAAAAAAAAi皆一様に待ちわびた暖かな春に、気持ちは舞い上がる・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi2月も今日で終る・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi太陽はさっきから雲に隠れ、日差しは遮られ少々肌寒い。
AAAAAAAAAAAi春とも冬とも言えぬ季節の狭間、
AAAAAAAAAAAiオセロ君の瞳には、この里山の風景はどの様に映っているのだろう。
AAAAAAAAAAAi
2017_2_14.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiやがて雲は流れ、太陽が顔を出す・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi明るく差し込む陽の光は、春の暖かさと柔らかさに満ち溢れ、
AAAAAAAAAAAi君の全てを優しく包み込むように降り注ぐ。
AAAAAAAAAAAi「ワッ・眩しい!!!」と、ギュッと瞼を閉じた君の顔には白髪が目立つ。
AAAAAAAAAAAi何たって、12度目の春だから・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
夕方から雨になるらしいので、早めの時間に散歩に出る。
草原の上は何だか妙に白くけぶる曇り空、
彼方の小山も僅かに淡くボヤケて見える・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_2_13.jpg
AAAAAAAAAAAi
小次郎くん、病院へ行って、注射をしてから約1週間とチョット。
傷はもう完全に癒えて、後は傷跡の抜けた毛が生え揃うのを待つばかり。
AAAAAAAAAAAi
しかし、春の猫祭り(メスの発情期)は終わった訳ではない!!!
里山のアチラコチラで、今もなお時間差で祭りは継続中。
今シーズン、もう一度くらいは喧嘩して帰ってくるかな???・・・・・と、
いちよう覚悟はしているけれど、もう歳なのだから、いい加減にして欲しいと願う私の親心。
君は分ているのか、いないのか・・・・・???
おそらく、全く分かっちゃいないよネ〜〜〜〜〜
AAAAAAAAAAAi





Design by mi104c.
Copyright © 2017 22's Diary, All rights reserved.