AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎くん、貧血を緩和するため増血剤を飲み始めて今日で4日。
AAAAAAAAAAAiそれなりに体調は少しづつ回復しつつ有るようだ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi透き通る様に白く血の気の全く無かった歯茎は、
AAAAAAAAAAAiほんのりと薄くだがピンクの色がさし始めたし、
AAAAAAAAAAAi今日はいつものように、散歩にも付いて来て、
AAAAAAAAAAAiおまけに後を追いかけてダッシュで駆けてくる小次郎。
AAAAAAAAAAAi山歩きなど、貧血気味ではしんどくて、到底付いては来れないはず。
AAAAAAAAAAAi薬の効果が体力を順調に回復させているのがよく分かる。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiメデタシ、メデタシ・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi木曜日の夜から小次郎の体調に異変が。
AAAAAAAAAAAi食欲が全くない・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiじっと辛そうに寝たままで、トイレに起きる気配さえも無い。
AAAAAAAAAAAi金曜日も丸一日そんな感じ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi何がどうしたのか、突然の体調不良の理由が分からない!!!
AAAAAAAAAAAi困惑しながら土曜日に病院へゆき血液検査を受ける。
AAAAAAAAAAAi結果、体調不良の原因は「貧血」と分かる。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi注射を打った翌日の今日の朝には、もうアッケラカンと食欲復活!!!
AAAAAAAAAAAi普段と変わりなく、ニャーニャーとご飯を催促する小次郎。
AAAAAAAAAAAi一週間程薬を飲んでから、再度の血液検査で様子を見る予定。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそれにしても、いつも突然にやって来る君らの体調不良。
AAAAAAAAAAAi物言わぬ君達はそれなりに、
AAAAAAAAAAAi体の変調を仕草や表情で必死に私に発信しているのかも・・・・・???
AAAAAAAAAAAiしかし鈍感な人である私が、
AAAAAAAAAAAiそれを敏感に察知することが出来ないだけなのか・・・・・???
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎も元気なように見えて、年齢的にはもう「老猫」。
AAAAAAAAAAAi体調の管理には、今まで以上に細やかな気配りが必要だと実感する。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiオセロ君、スカボローの市へ行くのですか・・・・??? 
AAAAAAAAAAAiパセリ、セージ、ローズマリーに、タイム
AAAAAAAAAAAiそこに住むあの人に、よろしく言ってください
AAAAAAAAAAAi彼女はかって、私の恋人だったから
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiオセロ君の「おまじない」
AAAAAAAAAAAiパセリ、セージ、ローズマリーに、タイム。
AAAAAAAAAAAi
2017_3_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiてな訳で、庭の「ローズマリー・レックス」の花が咲き始める。
AAAAAAAAAAAi小さく可憐な紫の花弁が、吹く春の優しい風にゆらゆらと揺れる・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiオセロの花だ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi春がきた、春がきた、どこに来た
AAAAAAAAAAAi山に来た、里に来た、野にも来た・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiてな訳で、3月の草原を駆ける小次郎。
AAAAAAAAAAAiポカポカ陽気に心ウキウキ、思わず浮かれて心も弾みシッポもピンと直立。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそして薄く春霞にけぶる空では、
AAAAAAAAAAAi先程から「ひばり」がせわしなくピコピコとさえずり、
AAAAAAAAAAAi空高く駆け上がる。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎(猫)も、ひばり(鳥)も、オセロ(犬)も、私(人)も、
AAAAAAAAAAAi皆一様に待ちわびた暖かな春に、気持ちは舞い上がる・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi2月も今日で終る・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi太陽はさっきから雲に隠れ、日差しは遮られ少々肌寒い。
AAAAAAAAAAAi春とも冬とも言えぬ季節の狭間、
AAAAAAAAAAAiオセロ君の瞳には、この里山の風景はどの様に映っているのだろう。
AAAAAAAAAAAi
2017_2_14.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiやがて雲は流れ、太陽が顔を出す・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi明るく差し込む陽の光は、春の暖かさと柔らかさに満ち溢れ、
AAAAAAAAAAAi君の全てを優しく包み込むように降り注ぐ。
AAAAAAAAAAAi「ワッ・眩しい!!!」と、ギュッと瞼を閉じた君の顔には白髪が目立つ。
AAAAAAAAAAAi何たって、12度目の春だから・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
夕方から雨になるらしいので、早めの時間に散歩に出る。
草原の上は何だか妙に白くけぶる曇り空、
彼方の小山も僅かに淡くボヤケて見える・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_2_13.jpg
AAAAAAAAAAAi
小次郎くん、病院へ行って、注射をしてから約1週間とチョット。
傷はもう完全に癒えて、後は傷跡の抜けた毛が生え揃うのを待つばかり。
AAAAAAAAAAAi
しかし、春の猫祭り(メスの発情期)は終わった訳ではない!!!
里山のアチラコチラで、今もなお時間差で祭りは継続中。
今シーズン、もう一度くらいは喧嘩して帰ってくるかな???・・・・・と、
いちよう覚悟はしているけれど、もう歳なのだから、いい加減にして欲しいと願う私の親心。
君は分ているのか、いないのか・・・・・???
おそらく、全く分かっちゃいないよネ〜〜〜〜〜
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
草原を風が流れる
冬のなごりを残す冷たい北風だ・・・・・・・・・・・・・・・
オセロが見上げる空を 雲が流れる
吹く風に煽られた、ちぎれ雲だ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_2_10.jpg
AAAAAAAAAAAi
毎日のように、そんなふうに空を見上げるオセロくんにもいつしか時は流れ
その証として君の毛並には、沢山の白髪が混じる・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
草原に風はまた流れて、
そんな君の白髪を、今日も優しく撫でるように揺らした・・・・ふわふわ・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
空は晴れ渡り、森の木陰では梅の花が八分咲き。
早春の息吹あふれる里山は清々しい空気に満ちて、心も晴れやかになるはずなのだが!!!
AAAAAAAAAAAi
2017_2_7.jpg
AAAAAAAAAAAi
小次郎くん、喧嘩傷の化膿の後もあっけなく癒えたと思っていたら、
しばらくして傷の奥から再び腫れが頭を持ち上げ始める。
化膿した傷は、完全には癒えていなかったのだろう、さすがに今度は病院へと直行・・・・・・・・
違う種類の抗生物質の注射を2本打ち、錠剤をタップリともらって帰る。
これで治るかな??? どうだろう???
AAAAAAAAAAAi
今日のお天気は春を思わせる日本晴れのいいお天気だけど、
やはり病気やケガで家族が健康でないと、心から底抜けに晴れやかな気分とはなりにくい。
エリザベスカラーを揺らしながら後を付いて来る君を見ながら、
ふと、そんなふうに考えてしまう・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiこの里山で2月といえば、忘れちゃいけない「猫達の春まつり」。
AAAAAAAAAAAiメス猫たちの発情の季節の始まり・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiそして付き物なのが喧嘩!!!
AAAAAAAAAAAiもういい加減に歳のはずの小次郎なのに、今年も懲りずにまたやってしまって、
AAAAAAAAAAAiその傷が化膿して大きく腫れ上がり、仕方なく私がカミソリで切開手術。
AAAAAAAAAAAiヤレヤレ、もういい加減手慣れたものだ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi傷口からは赤く血の混じった膿がドバッと流れ出る!!!
AAAAAAAAAAAiカラー写真ではグロすぎるので、白黒写真で掲載。
AAAAAAAAAAAiアングルも傷の正面は避けて、サイドから・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_2_6.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiとりあえず膿み出しをして、ストックの抗生物質を飲ませて二日ほど。
AAAAAAAAAAAi傷口は早もう、それなりに癒えてきた。
AAAAAAAAAAAiいつも想うことだが、その回復力の素早さにはいつも惚れ惚れする。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi傷口を引っ掻かないようにと、エリザベスカラーを付けられて、
AAAAAAAAAAAi仕方なく猫用コタツから頭だけ出してリラックス。
AAAAAAAAAAAi何だかお皿の上の「饅頭」のような「大福餅」のような丸いフォルム。
AAAAAAAAAAAi柔らかくリラックスしたその表情が、いつもの君らしくていいネ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi冬の草原をはるばると、犬と猫とが行きました。
AAAAAAAAAAAi前を行くのはオセロ君・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiあとから付いて行くのは小次郎君・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi二匹仲良く行きました、並んで一緒に行きました。
AAAAAAAAAAAi
2017_2_3.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiと思ったら、オセロは急に脇にそれ出した。
AAAAAAAAAAAiおそらく野犬の匂いでも気になったのだろう。
AAAAAAAAAAAiそのまましばらく、その辺りで匂いの探索に明け暮れる。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi犬の本能をくすぐる君のお楽しみを邪魔しちゃいけない・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiオセロはしばらくそのままにさせておき、
AAAAAAAAAAAi私と小次郎は再びまた、冬の草原を歩いて行きました。
AAAAAAAAAAAi冬色に枯れた草の波間をゆっくりと、一緒に歩いて行きました。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
一面に薄茶色に冬枯れた2月の草原・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日差しは弱いし、冷たい北風も少し吹いている。
でも今日も変りなく小次郎は、マイペースでそんな草原を歩いて行く。
AAAAAAAAAAAi
2017_2_2.jpg
AAAAAAAAAAAi
ふと道を外れ、脇の枯れた草の茂みの中へ、
何やら、ゴゾガサと穴を掘り、足場を整えて、やおら座り込む。
広大な草原の片隅で始まる小次郎のトイレタイム。
AAAAAAAAAAAi
目は閉じ加減、薄目を開けたその表情は、
今まさに「恍惚」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
ふ〜〜ヤレヤレと、ようたしも終わったその後は、
セカセカとその場に土をかけ痕跡を隠し、
何食わぬ顔でスタスタと、また草原を歩いて行きましたとさ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi熊笹の茂み、有るか無しかの獣道を辿り嬉々として上ってゆく君。
AAAAAAAAAAAi私はその後を、ゆっくりと付いて行く。
AAAAAAAAAAAi上に広がるのは、今日も穏やかな小春日和の冬の空だ。
2017_1_15.jpg
AAAAAAAAAAAi坂の上は草原。
AAAAAAAAAAAi背後の空には、急に雲が広がり始めた・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi東の端まで歩き、南の空の雲間から顔を出す太陽を眩しそうに見上げる。
AAAAAAAAAAAiいつもは決まって幼く見える君だが、
AAAAAAAAAAAi不思議と今日のこの写真は、歳相応に大人びて見える。
AAAAAAAAAAAi静かで広々とした里山で伸び伸びと「犬生」をすごし、
AAAAAAAAAAAi今日までゆったりと歳を重ねて来た結果のこの「犬相」。
AAAAAAAAAAAi何だかしみじみと、穏やかに枯れて、それでいて十分に凛々しい。
AAAAAAAAAAAiこの山里での暮らしが、間違いでは無かったと思える一時だ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi明日から天気は下り坂、
AAAAAAAAAAAi残念ながらオセロ君、日曜日は雨かもしれない。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi眩しい朝の陽の光がオセロの背中にさして、地面に長い影を付ける。
2017_1_14.jpg
AAAAAAAAAAAi君が見上げる北の森影では、
AAAAAAAAAAAi吹き荒れた木枯らしに、丸裸にされた「クヌギ」の木が、
AAAAAAAAAAAi冷たく冴え渡る冬の空をバックに、無数の針金の様に枝を広げる。
AAAAAAAAAAAi秋にはドングリの実を一杯につけ、モリモリと茂る葉も旺盛であったが!!!
2017_1_12.jpg
AAAAAAAAAAAiそんな森陰を見上げるオセロ君の瞳は、
AAAAAAAAAAAi真冬の冷たい陽の光を反射して、キラキラと光る。
AAAAAAAAAAAiそうだった、何たって君は「冬の天使」・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi厳冬の凍える寒さと冷たさに、イヤハヤもう毎日が絶好調。
AAAAAAAAAAAiとは言え、今回の厳しかった冷え込みも、
AAAAAAAAAAAi今日あたりが底のようだが・・・・・・・どうだろう、オセロ君???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi暦で言うと、昨日は「大寒」。
AAAAAAAAAAAiまさに暦どうりの厳しい寒波に見舞われた・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiしかし今日は一転、風も止みまるで春のようなポカポカ陽気。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi冬の季節真っ盛りの昨今。
AAAAAAAAAAAi幾度も繰り返す寒波の襲来だが、
AAAAAAAAAAAiその後に決まって訪れる、風もなく穏やかな、つかの間の小春日より。
AAAAAAAAAAAi寒さに暗く沈み込みそうになる心を、いい塩梅に暖かく癒してくれる。
AAAAAAAAAAAi中々どうして、お天気の神様は、さすがによく心得ていらっしゃる!!!
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎は早速庭のガーデンテーブの上で、マッタリと日向ぼっこ。
2017_1_11.jpg
AAAAAAAAAAAi裏の畑では、連日の風雪にも耐えて、
AAAAAAAAAAAi早もう「菜の花」が満開状態だ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi厳しい冬の寒さも何のその、今日も元気な小次郎。
AAAAAAAAAAAi何たってここ最近の食欲は、限が無いほどに大盛なのだ。
AAAAAAAAAAAi明かりの消えた暗い台所のテーブルの上、
AAAAAAAAAAAi一人いつまでも、じっと座って「ご飯のお代わり」の催促。
AAAAAAAAAAAiもっともっとと物欲しげに光る瞳が、妙に怪しげな雰囲気だが・・・・・・・
2017_1_9.jpg
AAAAAAAAAAAi外は昨日までの厳しい寒波もひとまず行き過ぎ、
AAAAAAAAAAAi風もなくポカポカと暖かな小春日和。
AAAAAAAAAAAiいつまでも暗い台所ですねてないで、庭に出ておいで小次郎。
AAAAAAAAAAAi森の木陰では、暖かな今日の日差しを浴びて、
AAAAAAAAAAAi可憐な水仙の花も満開だ。
AAAAAAAAAAAi





Design by mi104c.
Copyright © 2017 22's Diary, All rights reserved.