AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi昨日は強い雨が降り、今日は曇り空、
AAAAAAAAAAAiようやく始まった感のあるジメジメとした梅雨を吹き飛ばすような、
AAAAAAAAAAAi爽やかな笑顔を期待しつつ、野の花を摘んで君の髪飾りに。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiでも少しイメージが違ったかも・・・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi「フワフワ」と「ヘロヘロ」として「フニャフニャ」の、
AAAAAAAAAAAi柔らかな表情を浮かべるオセロ君であった!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今日も変わらず良いお天気で、日中の日差しは厳しい。
AAAAAAAAAAAiゆえに小次郎は庭の奥の奥、
AAAAAAAAAAAi日差しを逃れ、植木のトンネルの奥を今日の昼寝場所と決めたようだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_6_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi午後も遅く山の峰に日が陰る頃。
AAAAAAAAAAAiいつの間にか小次郎は藪から出て来て花壇の中、花に埋もれて静かに眠る。
AAAAAAAAAAAi花を枕に君が観る夢は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi願わくば 花の下にて 春死なん 
AAAAAAAAAAAiその望月の如月の頃
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiイヤハヤ、悪い冗談は無しにしようよ・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi梅雨いり宣言はあったけど、全く雨は降らず・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi例年なら雨に濡れながら艶やかに咲く庭の百合の花も、
AAAAAAAAAAAiカラリと晴れ渡る初夏の空の下、少々眩しそうに次々と蕾を開く。
AAAAAAAAAAAi梅雨はいったいどこへ行ってしまったのか・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi
2017_6_7.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんな正午の庭で、
AAAAAAAAAAAi小次郎はなぜかわざわざ、乾燥しきった土の上へやって来てはゴロゴロ。
AAAAAAAAAAAiヤレヤレ、おかげで体中砂まみれ・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiちなみに小次郎くん・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi落ちた体重を取り戻すために、この所少々高価で贅沢な食事に変更。
AAAAAAAAAAAiそのせいかどうか、体調はすこぶる良いご様子で、
AAAAAAAAAAAi甘えん坊さん加減も一段とヒートアップ。
AAAAAAAAAAAi余計な心配は無用かな・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAiこの調子で美味しいご飯をモリモリと食べて、順調に体重と体力を取り戻し、
AAAAAAAAAAAi今年の猛暑を無事で元気に乗り切らないとネ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi夕方の外は曇り空、今にも雨が降り出しそう・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi気圧の低下を感じてか、小次郎は先程から毛繕いに余念がない。
AAAAAAAAAAAi何たって数日前に梅雨入りしたばかりのこの地方、
AAAAAAAAAAAiジメジメとした、嫌な季節の始まりと言うわけだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_6_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiふと毛繕いをやめた小次郎と視線が合う。
AAAAAAAAAAAiウ〜ン 何だか随分と痩せてしまって、まるで子猫のように小さく見える。
AAAAAAAAAAAi食欲が無いわけでも、元気が無いわけでも無いのだが・・・・???
AAAAAAAAAAAi体重を計ると、平時は4.5キロ程の体重が、
AAAAAAAAAAAi今は4.1キロ弱へと落ち込んでいる。
AAAAAAAAAAAiいったいどうしたことか・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
日差しは強いが、カラリと晴れ上がる青空が気持ちいい。
乾燥した空気は肌に心地良く、オセロの表情も自然とイキイキ・・・・・・・・・・・
今日も自由にハツラツと、元気に野山を駆け回る。

でも天気予報の話では、明後日あたりからどうやら梅雨に突入しそうな気配。
名残惜しいが初夏の爽やかさも、
そろそろ終わりかもしれないよ・・・・・・・・・・オセロ君。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今日から6月、そんな静かなお昼時。
AAAAAAAAAAAi時おり山から聞こえてくるのは「うぐいす」や「ヒヨドリ」の歌声と、
AAAAAAAAAAAiゲロゲロと鳴き交わす「アマガエル達」の鳴き声・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiそして柔らかく森の木々の梢を揺らす初夏の風の音だけだ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎は庭のガーデンテーブルの上でお昼寝。
AAAAAAAAAAAiオセロはリビングの冷たいフローリングの床の上で、やはりお昼寝。
AAAAAAAAAAAi
2017_6_2.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiさすがに直接日差しの下では暑すぎるのだろう、
AAAAAAAAAAAi小次郎は音もなく静かにテーブルを降り、日陰となるベンチへと移動。
AAAAAAAAAAAi再び、お昼の浅い眠りへと落ちてゆく。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi不意に一陣の強き風が、ザワザワと山の木々を揺らし吹き抜けるが、
AAAAAAAAAAAiやがて又直ぐに静寂は訪れて、君達の眠りを妨げることは無いのだ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi明るい5月の青空に張り出す新緑の若葉。
AAAAAAAAAAAi庭の葉桜の緑が、空に枝を元気に伸ばす・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_5_13.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiその茂る葉桜の枝の下、
AAAAAAAAAAAi初夏の強い日差しを避けるようにして庭でくつろぐのはオセロ君。
AAAAAAAAAAAiお昼過ぎの強い紫外線も、暑い日差しも、
AAAAAAAAAAAiサラリと受け流し、風通しのいい心地良い日陰を作ってくれる葉桜。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_11.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiもうすぐ5月も終わり、やがてやってくる6月の梅雨。
AAAAAAAAAAAiそれまでの短い間だが、最高に爽やかな初夏のこの季節。
AAAAAAAAAAAi空を見上げるオセロの瞳にも木漏れ日の光がユラユラと写りこみ、
AAAAAAAAAAAi時折キラキラと反射して眩しく光った。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
南側の窓を開けると、どっと部屋に流れこんでくる暑い空気。
日差しは強いが、吹く風はサラッとして肌に爽やかだ。
庭で咲く真っ赤な「山ツツジ」の花が、里山の初夏の風景に彩を添える。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
昼と言わず、夜と言わず、小次郎は相変わらずよく眠る。
家の中のアチコチに点在する自分の寝所を渡り歩くように、
あっちでウトウト、コチラでウトウト、居眠りに余念が無い・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
今日もまた私が仕事する机の上にやって来て、昼寝の準備中。
午前中、北側の窓辺は日陰になっていて涼しく、昼寝にはモッテコイの環境なのだ。
クッションの上で柔らかさを確認するようにクルリと一回り、
納得したように丸くうずくまり、今・・・・・・浅い眠りに落ちて行ったようだ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
今日は朝から曇り空、何だか少し肌寒い。
そんなお昼休み、私は最近衰え始めた筋力を取り戻すべく、リビングで筋力トレーニングにいそしむ。
ソファーの上から、そんな私の様子を不思議そうに眺めるオセロ君。
AAAAAAAAAAAi
君だって夕方散歩の時は、草原で50メートルダッシュを毎日2本こなす事を日課としている。
これは一様君の筋トレのつもりで、毎日遊び感覚で一緒に楽しむ。
もっともオセロの場合、日々野山をオフリードで自由に登り降りする豊富な自由運動こそが、
いまだそれほど衰える事のない、足腰のナチュラルな筋力作りの元となっている事は間違いない。
AAAAAAAAAAAi
しかし君も今年で13歳。
嫌でもむかえる老年期にそなえての心構えは、今からシッカリとしておかなくては・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi爽やかな初夏の風が吹き抜ける里山の小道を、
AAAAAAAAAAAi夏草をかき分けながら小次郎は後を付いて来る。
AAAAAAAAAAAiまだ日も空高く昇りきらない朝の涼しい時間帯ゆえに、
AAAAAAAAAAAi散歩に対する意欲も、旺盛とは言わないが、まだまだ衰えてはいないのだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_5.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小道を一気に小走りに駆け上がり、目指すは丘の上の草原。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_6.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi途中、斜面の中腹を流れる用水路で水分補給。
AAAAAAAAAAAiペロペロと一仕切水を飲み、フーと一息付いてから草原へと登る。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_7.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi朝の短い散歩だが、君にとっては十分な運動だ。
AAAAAAAAAAAi家に帰り、早速ウトウト居眠りを始めた今日の場所は、私の仕事机の上。
AAAAAAAAAAAi涼しい風がすだれ越しに優しく吹き込む、北の窓辺であった。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi最近何かとよく眠る爺さん猫の小次郎。
AAAAAAAAAAAi何たって今年で御歳15才・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi普段の何気ない振る舞いの中、
AAAAAAAAAAAi猫としての老年期を迎えたことは、
AAAAAAAAAAAiその行動の端々に、否が応でも頻繁に見て取ることが出来る。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんなわけで少々心配しつつ、
AAAAAAAAAAAi毎年恒例の血液検査による健康診断を、オセロと小次郎、一緒に受けてきた。
AAAAAAAAAAAi結果、オセロも小次郎も特にこれといった問題点は見当たらない。
AAAAAAAAAAAiと言う事は、昨今の小次郎の様子は、
AAAAAAAAAAAiごく一般的な老年期を迎えた猫の正常な日常と言う事で間違いは無いのだ。
AAAAAAAAAAAi
2017_5_3.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今日は花咲き乱れる東の窓辺でお昼寝中の小次郎。
AAAAAAAAAAAiそんな君の寝顔を見ながら想う父の願いはただ一つ・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAiゆっくりお休み、そしていつまでも元気で長生きしてほしい。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭のツツジが満開で、
AAAAAAAAAAAiその足元を囲むように植え付けてある「エリゲロン」の白い小花も満開。
AAAAAAAAAAAi花咲き乱れる季節、五月の到来だ・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんな花達の前にたたずむオセロ君。
AAAAAAAAAAAi思わず見上げる今日の空はもちろん「五月晴れ」・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiゆえに気温はぐんぐんと上昇、
AAAAAAAAAAAiお昼過ぎには30度にもとどく勢いの「夏日」になってそうろう。
AAAAAAAAAAAiおかげで爺さん猫の小次郎は、少々グロッキー気味かも???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭の片隅の茂み・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi枯れ草が積まれたフワフワのクッションの上がお気に入り。
AAAAAAAAAAAi小次郎の最近の、定番お昼寝スポットだ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi平均気温も日に日に上昇、
AAAAAAAAAAAi暖かさを通り越し、日中は暑いと感じられる昨今。
AAAAAAAAAAAi寄る年波も相まって、いやでも夏の暑さは苦手な小次郎・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiおそらく今年も猛暑の夏だろう。
AAAAAAAAAAAi何とか事無く、無事に乗り越えてほしいものだが。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
爺さん猫の小次郎は、今日も庭へお昼寝に・・・・・・・・・・・・・
婆さん犬のオセロ君は、山にお散歩へ・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
山へと向かい草原を横切る途中、名も知らぬ野草の花に囲まれる。
淡い紫の小花達・・・・・・・・・・・・・
人知れず、そっと花咲く野の花の傍らにたたずむオセロ君。
いくら年は重ねても、名も知らぬその野花を愛でる清らかで美しい君の心は、今も昔も変わリはしない。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_13.jpg
AAAAAAAAAAAi
ふと振り返り、東の彼方に目をやれば、
重なる山々の峰は、緩やかなグラデーションで段々と淡くけぶり、
雲も、空も、山も、森も、それらに降り注ぐキラキラと輝く陽の光で、皆一様に眼にも眩しい。
里山はもう・・・・少し物憂げな、暑い夏の気配にあふるる。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今度は庭で「八重桜」が満開・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi小さなピンクのボンボンのような可愛い花弁をスズナリに付け、
AAAAAAAAAAAiゆらゆらと4月の風に揺られて咲き誇る。
AAAAAAAAAAAi
2017_4_11.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんな良いお天気の今日だから、
AAAAAAAAAAAi「爺さん猫」の小次郎は、外へ日向ぼっこに。
AAAAAAAAAAAi花が散り、葉桜と成りつつある桜の木の木陰で・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiさすが「爺さん」!!!
AAAAAAAAAAAiまるで「行き倒れ」のような力ない姿で「お昼寝」???
AAAAAAAAAAAiなんたって今日の穏やかなお天気は、
AAAAAAAAAAAi身も心も、心底リラックスできる心地良さだから。
AAAAAAAAAAAi





Design by mi104c.
Copyright © 2017 22's Diary, All rights reserved.