AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi秋雨前線が停滞し、ここ毎日のように雨の日がつづく。
AAAAAAAAAAAi気温も低く、11月中頃の肌寒さに、庭の葉桜も紅葉が進み、
AAAAAAAAAAAi水溜りの中には、虫食いの落葉が浮かぶ。
AAAAAAAAAAAi
2017_10_7.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiオセロは相変わらず・・・・・・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi最近、何だかやけに大人っぽい表情を見かけるようになる。
AAAAAAAAAAAiマ〜〜たしかにそう言う年齢なのだから、それも当然だろう。
AAAAAAAAAAAi
2017_10_8.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎はひと足早いこの寒さのせいで、活性が低い???
AAAAAAAAAAAi暑い夏も苦手だが、寒さ厳しい季節もまた苦手なのだ。
AAAAAAAAAAAiおかげで例年よりも幾分早く、夜は私の腕枕で一緒に眠り始める小次郎。
AAAAAAAAAAAi年老いた君をギュッと抱きしめる暖かな布団の中、
AAAAAAAAAAAi「愛しさ」と同時に、ほのかな「切なさ」がしみじみと湧き上がり胸を焦がす。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今、一時雨は上がったようだが、
AAAAAAAAAAAi天気予報を覗いてみると、雨降りの傘マークは一杯並んだままだ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
どんよりとした曇り空、少しだけ肌寒い。
きっと小次郎もそうなのだろう、体を丸め猫団子状態でお昼寝・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_10_5.jpg
AAAAAAAAAAAi
日に日に秋めく草原では、「せいたか泡立ち草」の花が咲き始め、
明るく鮮やかな黄色の花穂がユラユラと秋風に揺れ、草原の一体を埋め尽くす。
AAAAAAAAAAAi
2017_10_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
じいちゃん猫の小次郎にとっては、そんな事はきっと、どうでもいい事なのだろう。
最近ますます眠りの時間は長くなり、
起きたかと思うと今度は「ニャ〜ニャ〜」と仕切りにご飯の催促。
食事をし庭を軽く散歩、そして満足しては、またウトウト眠りに落ちる。
さてさて、いったいどんな夢を見ているのか・・・・・・・・・・・・・・・・
きっと大好きな「鳥のササ身」でも、お腹いっぱい食べてる夢だろうか・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
赤く熟したカキと、けだるく、アンニュイな表情を浮かべる熟女犬のオセロ君。
シトシト朝から降り続く秋雨に、気分は少々ブルーなのだろう???
それではと、秋ならでは、甘く熟した美味しそうなカキを差し出すが、
あまり興味を示さない・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
柿食へば
犬もなくなり
雨の里山・・・・・・・・・・・字余り!!!ってな訳で、
熟したカキと、熟女犬のツーショット。
熟熟と、ゆっったり、マッタリ、雨降る秋の里山に時は流れる。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiミカンとオセロ君・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiまるで静物画のような、そこはかとない君の凛とした肖像。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi実りの秋を象徴するミカンと、
AAAAAAAAAAAiまさに今、犬生の実りの秋(時)をすごすオセロ君。
AAAAAAAAAAAiともに響きあい、共鳴し、
AAAAAAAAAAAiいっぷくの絵画のようなたたずまいを見せる・・・・・かな???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi庭の桜の木にからまり、
AAAAAAAAAAAi実を付け、ツルを垂らす野生の山葡萄の葉を濡らしながら、
AAAAAAAAAAAiシトシトと朝から降り続く静かな秋の雨。
AAAAAAAAAAAi辺りに漂う空気は少し肌に冷たく、
AAAAAAAAAAAi私は長袖のシャツを引っ張り出してきて、そそくさと羽織る。
AAAAAAAAAAAi9月も早終わりまじかの今日の里山・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_9_13.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiオセロは暑かった今年の夏のなごりなのか、
AAAAAAAAAAAi相変わらずフローリングの硬くて冷たい床の上で、直接ゴロゴロとお昼寝。
AAAAAAAAAAAi見ての通りのモフモフとした毛並、そろそろ秋の換毛期の到来。
AAAAAAAAAAAiそして私は、そろそろ秋の衣替えのシーズンだ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそれにしても、先程から小次郎の姿がどこにも見えない。
AAAAAAAAAAAi降る雨の中、森の見回りにでも出掛けたのか・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi相変わらず元気で何よりだが・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiカメラを構える私の気配に気付いてか、オセロはそっと瞳を開く。
AAAAAAAAAAAiアラッ・・・オセロ君、起こしてしまって申し訳ない。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi穏やかな秋晴れの今日の青空。
AAAAAAAAAAAiその下で花開く、真っ赤な「彼岸花」・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi小次郎がやって来て、しばしその脇にたたずむ。
AAAAAAAAAAAi
2017_9_11.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今年の秋の彼岸の入りは9月の20日だったらしい。
AAAAAAAAAAAiなるほど「暑さ、寒さも、彼岸まで」とはよく言ったもので、
AAAAAAAAAAAiここ数日の気候の優しさを、フムフムと思わず納得。
AAAAAAAAAAAi足元で小次郎も甘えた声で「ニャ〜〜ン」と一鳴き、
AAAAAAAAAAAi移りゆく季節の流れに、君も十分に納得のご様子だ。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiひと雨ごとに深さを増す秋の気配・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiすごしやすい季節だから、オセロもゴキゲンさん。
AAAAAAAAAAAi自然と表情には笑顔が溢れ、足どりも軽やか。
AAAAAAAAAAAi
2017_9_8.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiそんなオセロ君。
AAAAAAAAAAAi草原と森との境目の茂みの奥で大きな「キノコ」を発見。
AAAAAAAAAAAi私の握りこぶし程もある中々の大物。
AAAAAAAAAAAiクンクンと臭いをかいでは興味深々のご様子・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
2017_9_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi実りの秋であり、食欲の秋でもあるのだが、
AAAAAAAAAAAiさすがにそのキノコを採って帰って食す程の「食いしん坊」ではない。
AAAAAAAAAAAi採らず、触らず、そのままにして、しげしげと眺め回し、
AAAAAAAAAAAiオセロが見つけた「小さな秋」の実りを、
AAAAAAAAAAAiしみじみと目線で味わう。
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
「婆さんや、週末には大きな台風の直撃があるかも知れんなっ」・・・・・・・・・!!!
と、小次郎爺さんはオセロに話しかける。
AAAAAAAAAAAi
「爺いさんや、予想進路の真ん中をこのままの勢いで進んで来れば、
台風の目は、この里山の真上を通過するかも知れんぞなもし」・・・・・・・・・???
と、オセロ婆さんは小次郎に言葉を返す。
AAAAAAAAAAAi
「爺さん猫」と「婆さん犬」の会話からも分かるとおり、
台風18号は、四国の瀬戸内方面を直撃する進路をゆっくりと接近中。
ヤレヤレ、どうなることやら、
日曜日辺り、四国は愛媛を直撃するかも・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
異様に暑かった今年の夏。
ゆえに、いち早く夏は、もう燃え尽きてしまったのか・・・・・・・・・???
9月に入ってからというもの、やけに早急に秋の気配を色濃く感じる。
朝晩の涼しさもそうだが、
例えば、もう庭の葉桜は黄色く紅葉を初め、ハラハラと舞い落ちるものも。
AAAAAAAAAAAi
2017_9_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
そんな黄色い落葉を一枚拾っては、小次郎の頭の上へ・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
ネコに生まれ、ネコの道を行く
ネコに帰る道なし
それが「葉隠」の想い
「ネコ道」とは「葉隠」と見つけたり・・・・ニャン ニャン ニャン
何のこっちゃ・・・・・・・・・・・・・???
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi私は今日も、楽しみを追い求めて歩く
AAAAAAAAAAAi興味引かれるものを見逃しはしない
AAAAAAAAAAAi多少のトラブルも、それを明るい眺めとして
AAAAAAAAAAAiけっして目をそらせはしない
AAAAAAAAAAAi望みはどこにあるのであろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi自分で自分の魂を支配したい
AAAAAAAAAAAi常に一人、荒野をさまよう旅ネコでありたい
AAAAAAAAAAAi荒い渇きに耐えながら、老いてもなお
AAAAAAAAAAAi私は楽しみを追い求め、歩きつづける山ネコでありたい・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi今日は風が少し肌寒く感じるほどの涼しい空模様。
AAAAAAAAAAAiすごしやすいお天気に誘われて、
AAAAAAAAAAAi珍しく小次郎は私達の後に付いて、草原まで上がって来た。
AAAAAAAAAAAi15歳の誕生日を迎えた「老猫・小次郎」だが、
AAAAAAAAAAAi今年の夏の狂ったような連日の猛暑などなければ、
AAAAAAAAAAAiまだまだ現役で野山を徘徊する孤高の山猫魂に、衰えは無いのだ。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiニャ〜〜〜ン ニャ〜〜〜ンと甘えた鳴き声をあげつつ、
AAAAAAAAAAAi私の後を付いて来る小次郎。
AAAAAAAAAAAi15歳の誕生日おめでとう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi君が年をとって毛並みも白くなり、居睡り好きになって
AAAAAAAAAAAi優しい午後の日だまりの中で日がな一日、うとうとする時がきたら
AAAAAAAAAAAi君の為に書きためた、この「22'sダイアリー」をとりおろし
AAAAAAAAAAAiゆっくりと静かに、そっと読んで聞かせてあげる。
AAAAAAAAAAAi君の目がかつて持っていた
AAAAAAAAAAAiあの鋭敏なナイフの様に鋭くとがった眼差しを
AAAAAAAAAAAiあの深い翳をふくんだ優しく切ない表情を
AAAAAAAAAAAi思いだしておくれ。
.
AAAAAAAAAAAi多くの人たちが君の明るい愛嬌を愛した
AAAAAAAAAAAiそして真偽はともあれ、好意をもって君の美しさを褒めたたえた。
AAAAAAAAAAAiしかし私は、君の中の尋ね求める魂そのものを愛した。
AAAAAAAAAAAiそしてその変化する表情の奥にある、悲しみを愛した。
.
AAAAAAAAAAAiだから、窓辺に溢れる優しい日だまりの中にうずくまりながら
AAAAAAAAAAAiその時そっとつぶやいておくれ、それも少しだけ哀しげに・・・・
AAAAAAAAAAAiアア~~~ あの楽しかった日々は遠くに逃げさり
AAAAAAAAAAAi今、むこうの山々の上を歩いていると。
AAAAAAAAAAAiそして愛くるしいその表情は
AAAAAAAAAAAi夜空を埋め尽くす星くずの中に隠して来たと・・・・・・・・・・・・・
.
AAAAAAAAAAAi君の13歳の誕生日に、
AAAAAAAAAAAiあるロシアの詩人の唄を、少々犬様にアレンジして君に送る。
AAAAAAAAAAAiオセロ君、誕生日おめでとう。
AAAAAAAAAAAiまだまだ元気で居てくれないと、困るよ・・・・・・・・・・!!!
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi日中の残暑は相変わらずだが、
AAAAAAAAAAAi日も陰る朝夕は、それなりに秋の気配が少しづつ辺りに漂う。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi毎日のようにオセロと歩く山道の脇では、
AAAAAAAAAAAi大きな栗の木が、沢山の実を付け始め、
AAAAAAAAAAAi
2017_8_11.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiふと足元に目をやれば、
AAAAAAAAAAAi野生の山葡萄が小さな身をつけ、はや紫に色付き始めるものも。
AAAAAAAAAAAi
2017_8_9.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi暑い日中は、「なんちゃって・寝たきり老犬」のオセロ君だが、
AAAAAAAAAAAiわずかに秋の気配も漂い始めた里山の夕暮れ時には、
AAAAAAAAAAAi相変わらず活発な、君本来のお転婆な一面を取り戻す。
AAAAAAAAAAAiメデタシ、メデタシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
連日の猛暑で、さすがのオセロ君も少々夏バテ気味。
日差しの強い日中は、外に出たがらない・・・・・・・・・・・・・!!!
ずっと家の中の涼しい場所で、ゴロゴロ・グタ~~~と寝たきり老犬化???
若い頃には考えられない事だが、君も歳には勝てないと言うことか。
AAAAAAAAAAAi
2017_8_7.jpg
AAAAAAAAAAAi
しかし年老いてもなお、今も昔も変わらないのは、君のおおらかで豊かな様々な表情。
中でも、君が静かに浮かべる優しく柔らかなホホエミは、本当に心癒される。
いささか陳腐な表現だが、私にとってはまさに「天使のホホエミ」にも等しい。
AAAAAAAAAAAi
8月もあとわずか、9月になれば少しはこの暑さも一息つくかもしれない。
何とか皆んな頑張って、
今年の夏を無事に元気で乗り越えたいものだが・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
残暑はつづくよ、いつまでも
野をこえ、山こえ、谷こえて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
てな訳で、さすがに朝・夜は、わずかに夏も終わりの気配を微妙に感じるが、
イヤハヤ日も高い日中は、きょうも相変わらずの猛暑日一歩手前の暑さがつづく。
AAAAAAAAAAAi
ゆえに、今日も変りなく、小次郎はグダグダと暑さしのぎのお昼寝。
そんな寝姿では、さぞや寝苦しかろうと想うのだが、
「そんな事は余計なお世話」と言わんばかり、
更に増々反り返り、気持良さげに昼寝はつづくのだ・・・・・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAi




AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi家の直ぐ前の雑木林のトンネルが作る日陰の向こうには、
AAAAAAAAAAAi草原から下降する斜面が、強い朝の日差しに輝いて見える。
AAAAAAAAAAAi最近のパターンだと、小次郎はここまで・・・・・・・・・・
AAAAAAAAAAAiトンネルの日陰から先には、もうこれ以上進もうとはしない。
AAAAAAAAAAAi
2017_8_4.jpg
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAi小次郎を残し、多少の日差しの暑さなど気にも止めないオセロと一緒に、
AAAAAAAAAAAi私達は里山の山野を30分程軽く一回り。
AAAAAAAAAAAi森を抜け、草原を下り、木々のトンネルが見える所まで帰ってくると、
AAAAAAAAAAAiその日陰で私達の帰りをじっと待っている小次郎の姿が見える。
AAAAAAAAAAAi「アア~~~いい子だね」と心の中で呟いて、
AAAAAAAAAAAi「さ~~~帰るよ」と声をかけ、また一緒に帰り道をトコトコと歩く。
AAAAAAAAAAAi
AAAAAAAAAAAiさて君達、お盆休みも終わり、今年の夏もいよいよ後半戦へ突入だ。
AAAAAAAAAAAi





Design by mi104c.
Copyright © 2017 22's Diary, All rights reserved.